料金を把握

アンプルと注射器

ストレス社会や高齢化などの影響で、中高年の間で自律神経失調症が増えています。 いつまでたっても体がだるかったり、動悸や息切れがしたり、めまいや立ちくらみが頻発して起きるようであれば、自律神経失調症かもしれません。 その様な場合は一度、病院で診察を受けるようにしましょう。 自律神経失調症は、内科や心療内科などで検査を受けることができます。 また、健康保険の対象ともなっているので一般の診療費は 3割負担となります。 もし内科の検査で異常が見当たらず、自律神経失調症の診察を受ける際には、以下の診察料を目安としてください。 心療内科・精神科 2000円から4000円程度。 カウンセリング 5000円から10000円程度。 漢方薬 5000円から10000円程度。 以上のようになっています。

自律神経失調症は、症状はあっても内科的な異常の見当たらない病気です。 最近では、職場環境の変化や加齢による心身の変化などが大きい中高年層が多く診察を受けています。 この背景には、高齢化による更年期障害などの要因が考えられ、今後ますます患者の数は増えてゆくものと考えられます。 自律神経失調症は以前までは内科で診察を受けるのが一般的でしたが、最近では心療内科や精神科などでも診察を行うようになってきました。 更年期障害やうつ病、心理的ストレス、不眠症など自律神経失調症の原因を多角的な側面からとらえようとする試みによるものです。 このような取り組みもあり、最近では以前より治療効果が上がってきているとの見方もされています。 今後も様々な側面から治療に向けたアプローチがなされていくものと予測されます。